合同会社と株式会社の選び方

会社を作って起業するとき、合同会社か株式会社か、好きな方を選べます。
このときの選び方は、どうすればいいでしょうか?
特に、合同会社の選び方が気になりませんか?
知名度も高いですし、会社の種類として圧倒的に多いのは、株式会社の方です。
あえて株式会社を選ばず、合同会社を選んだ方がいいのは、どんなときなのでしょうか?

会社の種類の選び方として、合同会社を選んだ方がいいのは、たとえば小さい会社を作りたいときです。
会社を作って起業するときは、その会社を拡大していくことを考えている方も多いですが、拡大路線はまったく考えていない方もいますよね。
たとえば会社の支店を作ったり、従業員をたくさん雇ったり、1社でも多くの会社と取引をしたりといったことを、それほど考えていない方です。
それが悪いわけではありません。
むしろそのような方針で、小さくとも堅実に営業している中小企業も多いです。

あまり拡大路線をとらないなら、合同会社を選ぶのもおすすめです。
こちらの方が設立にかかる手間や負担も軽くなります。
自分や限られた取引先との付き合いに支障がないのなら、株式会社を選ぶメリットは、それほどありません。
もし株式会社にすると、年間の営業結果を報告する決算公告という手間がかかり、むしろデメリットの方を強く感じることもあるでしょう。
小さい会社を細々と運営していきたいときなど、会社の選び方としては合同会社を選ぶのも現実的です。

これに対して、株式会社を選んだ方がいいのは、拡大路線を考えているときですね。
従業員や取引先を増やし、できれば支店も増やしたいと思うなら、株式会社の方が有利です。
こちらの方が知名度が高く、世間一般からの信頼を得やすいからです。
さらに、株式会社なら株を出して資金を調達することもできますし、取引先も増やしやすくなります。
企業同士の取引など、株式会社でないとできない場合もありますからね。

会社の種類を選ぶときにはこれらを参考にしてください。
合同会社が特に向いているのは、たとえば拡大路線をあまり考えていないときです。