会社設立、株式会社ではいくらかかるの?

合同会社は設立時の負担が株式会社より軽いとは、よく言われることです。
では株式会社では設立にかかる費用がいくらとなり、これに比べて合同会社はどれくらいお得なのでしょうか?

まず会社設立時にかかる費用ですが、株式会社ではいくらかというと、最低でも20万円ほどとなります。
これは電子定款を作り、収入印紙がいらない状態でこの値段となり、もしそれもいるのなら、合計して24万円ほどが必要費用になります。
個人ではどうやっても用意できないくらいの高額な費用ではありませんが、あまり予算がないときなど、やや負担となる金額ですね。

これに比べて合同会社はお得だとよく言われるわけですが、そのわけは、こちらになると必要な費用も変わるからです。
いくらかというと、合同会社なら合計10万円ほどで会社設立できます。
こちらでも定款を紙で作ると4万円分の収入印紙が必要になるのですが、それを含めても合計10万円です。
合同会社でも定款を電子形式で作ることはでき、それをすると収入印紙がいらなくなります。
金額は4万円ですから、つまりこれがいらないならわずか6万円で会社設立できるわけです。

改めて、株式会社と合同会社での会社設立費用がいくらになるかというと、定款の収入印紙代を含めたときで24万円と10万円、収入印紙代がいらないなら20万円と6万円です。
会社設立時の負担が軽いのはどちらなのか、明らかですね。
このように株式会社か合同会社かで会社設立にかかる費用は変わります。
知名度が高く、同じ種類の会社が多い株式会社にすると、費用は最低でも20万円からになりますから、この点は注意してください。

なお、なぜ合同会社にすると費用が安くなるのでしょうか?
これは株式会社で必要な定款の認証手続きが必要ないからです。
このときにかかる5万円ほどの手数料を、合同会社ならカットできます。
また、登記の手続きは両方で必要ですが、金額は株式会社で最低15万円になるのに対し、合同会社なら最低6万円です。
このような違いから、合同会社の方が負担が軽くなります。