合同会社の意味を知る


 
合同会社と言われても、あまりピンとこない人も多いでしょう。
なぜなら以前は株式会社と有限会社しか存在しておらず、合同会社という名前自体を知らない人もいるからです。

有限会社の設立が廃止されたことで、合同会社以外にも合資会社や合名会社という種類も誕生したのですが、これら2つの会社というのは、合同会社以上に名前が知られていません。
そこで合同会社の意味や、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

まずは合同会社の意味ですが、簡単に言えば経営している人と出資をしている人が一緒であることです。
株式会社の場合には、経営者と出資をしている人は異なっている場合が多いでしょう。

もちろん一緒である場合もあるのですが、一緒の場合には中小企業が多くなっています。
合同会社の場合には、必ず経営者と出資者が一緒になるので、合同という名前が付けられているのです。

これが合同会社の意味になりますが、経営者と出資者が同じということは、双方ともに同じ立ち位置で会社経営に直接携わることができるのです。
さらに出資者全員が有限責任者となっているのも合同会社の特徴だと言えるでしょう。

このような意味があることを知っておくべきです。
意味が分からない状態で設立をしてしまうと、後になって不利になることもありますし、別の会社にすればよかったと後悔することもあるでしょう。

意味が分かったら、今度は合同会社のメzリットとデメリットを知っておくべきです。
どのような会社であってもメリットとデメリットの両方があり、メリットだけしかないということはありません。

まずはメリットですが、合同会社は株式会社に比べて少ない金額で設立することができます。
しかも面倒な手続きも必要ないので、手続きも簡単に行えるのです。

決算の公表義務もありませんし、出資者が合意をしてくれれば、利益の配分も自分で自由に決めることができます。
しかも株主の一存で株主総会を開き、経営者を自由に変えることもできませんので、外資に乗っ取られる心配もありません。

このようなメリットがある反面、デメリットも存在しています。
株式会社は国がしっかりと保護してくれるので、倒産する可能性は低いでしょう。

合同会社は殆ど支援を受けられないので、倒産してしまう可能性が株式会社よりも高くなっているのです。
信用度も株式会社の方が高くなっていますし、資本金が減少してしまう可能性もあるので、このような点を把握した上で合同会社を立ち上げるようにしましょう。