合同会社での会社設立の流れ

作る会社の種類を合同会社と決めた後、会社設立の流れはどのようになるでしょうか?
まず大前提として、起業するための費用の準備や、起業地選びはもう終わっていることが大事です。
自分一人では会社の営業ができないと思えば、起業メンバー集めも大事です。
このようなことがまだ終わっていない場合は、まずはそちらを終わらせてください。

合同会社を作るための準備が終わったら、まずは定款を作ります。
定款は会社運営につきもので、これから会社を作るなら、その会社用の定款を新しく作らないといけません。
これを作ってから届け出るのが会社設立の流れになるため、まずはこの定款を作らないことには始まりません。
これに記載するのは、社名や起業地、出資金の金額などです。
定款を作り始めるころには、会社の基本的なデータはもういつでも決められる状態になっているはずですから、ここで条件を固めていきます。
もし曖昧な部分があったら、ここで改めて条件を確定していってください。

定款が完成したら、出資金を一度振込します。
これが終わったら、その定款の登記になります。
登記は法務局での手続きになりますから、必要書類を揃えて提出すれば終了です。

この登記が終わったら、その合同会社はもう成立したものとみなされます。
つまりもう会社設立は終わっていますから、あとは社会保険関係や税金の手続きを終えたあと、会社経営をスタートできます。
合同会社での会社設立の流れはこのようになり、比較的フローが短いのが特徴です。

これが株式会社なら、定款を作った後、まずは公証役場での認証手続きが必要なのですが、合同会社ならそれが必要ありません。
定款ができ、出資金も振り込んだなら、すぐに登記に進めます。
これが終わればもう会社設立完了ですから、比較的簡単な流れになるでしょう。
とはいえ、定款作りは慣れていないと手間取ることも多いですし、登記の手続きも初めてだと不備が出ることも多いでしょう。
それぞれの手続きをよく確認し、丁寧に対応すると、一度にすぐ終わることも多いです。