司法書士に頼める合同会社の会社設立

会社設立は、自分でもできるものです。
特に合同会社の場合、株式会社に比べて手続きの内容が少なく、ハードルは低い方ですが、難易度の高い手続きもあります。
自分でやるのが難しいと思ったり、時間がなくなったりしたときのため、これを頼める専門家のことも一応知っておくと安心です。
その専門家の一人になるのが、司法書士です。

司法書士とは、登記の専門家になります。
登記とは、法務局で行う登録手続きのことです。
会社を作ったときや、不動産を取得したときなど、対象になっている会社や不動産の名前や所在地、所有者などを申請し、登録します。
対象になるその会社や不動産の定義は、この登記の内容で判断されます。

たとえば登記に存在しない会社は、世の中に存在しない架空の会社だと判断されますし、不動産の所有者も、登記簿に載っている所有者が正式な所有者だと判断されます。
このように大事な手続きになりますが、普段はあまり経験しない手続きになるため、専門家が頼られることも多いです。
その専門家になるのが、司法書士です。

この専門家は起業サポートをやっていることも多く、会社設立するときなど、登記も含めたすべての手続きを代行することも多いですね。
合同会社の場合、定款作りと登記の手続きの代行になります。
依頼人の希望に合わせて定款を作り、それを登記して会社を成立させてくれるのです。
このようなすべての代行手続きができるのは、基本的に司法書士のみです。
ほかの専門家では対応できません。

会社設立の手続きの代行をやっている専門家やサービスはたくさんあるのですが、その他の専門家に頼むと、登記は自分で対応が必要だったり、登記の手続きをまた司法書士に頼み直す手間がかかったりします。
そのような手間がなく、すっきりとすべての手続きの代行をお願いする方法は、会社設立の代行に対応できる司法書士へ、最初から依頼することです。
合同会社を作る一つの方法として、覚えておくと便利です。