会社設立で合同会社を選ぶデメリット

会社の種類として多いのは、やはり株式会社です。
新規に会社設立する際もやはり株式会社がよく選ばれますが、これを合同会社にすることもできます。
合同会社だからこそのメリットもあるわけですが、デメリットもないわけではありません。
これも知ったうえで選びたいですよね。
合同会社を選ぶデメリットについてご紹介します。

まず大きいのは、会社の種類自体の知名度が低いため、社会的信用をやや得にくい点です。
もちろん個人自営業でやるよりは信用を得やすいですが、もっとも信用されやすい会社組織は株式会社です。
知名度が高いですし、単純に数も多いですからね。
合同会社を目にする機会よりも、株式会社を目にする機会の方が圧倒的に多いですから、会社とはイコールで株式会社だと思われがちです。
そのため、合同会社では株式会社に比べると、やや信用を得にくいところがあり、従業員を募集したり、新規の取引先を開拓しようと営業をかけたりしたとき、やや慎重な判断をされやすくなります。

特にデメリットを感じやすいのは、取引先を探すときかもしれません。
大企業など、株式会社としか取引をしない企業もあります。
このような企業とは、個人自営業者や合同会社では取引できないということです。
このように社会的信用を得にくいところがあるのは、合同会社のデメリットですね。

このほかには、資金調達の手段が限られるというデメリットもあります。
合同会社は株の発行ができません。
これが大きいのです。
株式を発行できる株式会社にとって、株の発行は資金調達の手段になります。
株式といえば、それを買うことで配当を受けられたり、その他の株主優待を受けられることで有名ですよね。
このような優待を約束する株と引き換えに、株式会社は資金を得られます。
これが企業運営のための活動資金になるのです。

このようなことができないのが、合同会社になります。
個人的な出資者を募ることはできますが、株式の購入という一般的な方法ではないため、出資者を見つけにくいのです。
合同会社にはこのようなデメリットがあります。