会社設立で合同会社を選ぶメリット

新規に会社設立するとき、合同会社という道も選べるわけですが、こちらを選んだときのメリットとは何でしょうか?
まず大きいのは、設立が比較的簡単な点です。
会社設立の手続きを見ると、合同会社では株式会社よりも必要な手続きが少なくなります。
それだけ手間が少ないため、手続きが簡単です。
自分で手続きするのも比較的おすすめです。

また、設立にかかる費用が安いのもメリットです。
これは会社を作る上で避けられない費用ですが、合同会社の場合、株式会社よりも10万円近く安くなります。
起業のために用意したお金にあまり余裕がない場合、合同会社を選ぶと限られた予算で無理なく起業できます。

このように会社設立が比較的簡単というのは合同会社の大きなメリットですが、設立後にもいくつもメリットがあります。
たとえば、法人組織ということで、個人名でビジネスをするよりは、社会的信用を得やすくなります。
これはもう一般的な傾向で、個人と法人で信用されやすいのは法人の方です。
合同会社は株式会社に比べると知名度が低いですが、それでも法的に認められた会社組織の1つですから、少なくとも個人名で仕事をするよりは、新規の取引などを開拓しやすくなりますね。

また、法人化すると、節税もしやすくなります。
自分でビジネスをすると、会計も自分で処理していく形になりますが、このときに経費として認められる項目が多いのは、法人の方です。
これは株式会社だけでなく、合同会社も含まれますから、自営業よりも多くの名目を経費として処理でき、税金を軽くできます。

さらに、会社を作ったあと、そのビジネスで得た収入にかかる税金は、法人税となります。
個人自営業の場合は、ビジネスで得た収入にかかるのは所得税となり、収入が高くなるほど税率も高くなるという計算方式になるのですが、法人税なら税率は一定です。
収入が高くなってきたときなど、この法人税に切り替えられ、税額を抑えられます。
合同会社のメリットとは、以上のようなものがあります。